【早漏防止対策】射精時間アップに欠かせないアイテム

早漏防止に効果的なクリーム、スプレー、飲み薬、コンドームなどを厳選して紹介

早漏防止に効果的な飲み薬の種類

      2016/06/18

早漏防止の薬セット

早漏防止に効果的な薬は、大きく2つに分けることができます。

「早漏防止」と「早漏防止 +ED対策対策」の2種類の薬です。どのような特徴があるか解説していきます。

早漏防止のみの薬

まずは早漏防止の薬です。医学的にも実際の体験者からも効果が実証されているのは、「ダポキセチン」という成分を使った薬です。

プリリジー

早漏防止に効果的なダポキセチンを配合した薬です。欠点はものすごく効果な点にあります。

ポゼット

ポゼット1

プリリジーのジェネリック薬であるポゼットは、プリリジーの10分の1ほどの価格で買うことができます。

主成分の量もまったく同じなので、効果もほとんど変わりません。

早漏防止 + ED治療の薬

早漏防止に加えて、勃起力をアップさせる成分を配合した薬を紹介します。

早漏防止の成分は、上で紹介したダポキセチンです。ED治療の成分は3種類あります。

スーパーPフォース (バイアグラ + 早漏防止)

スーパーPフォース

スーパーPフォース

ED治療薬のバイアグラは聞いたことがあるのではないでしょうか。

バイアグラに含まれる成分と同じシルデナフィルに、早漏防止のダポキセチンを配合した薬がスーパーPフォースです。

勃起効果と早漏防止効果どちらも非常に高い効果を期待できる最強の薬です。

スーパージェビトラ (レビトラ + 早漏防止)

スーパージェビトラ

バイアグラの次に発売された薬にレビトラがあります。バイアグラに比べて即効性が高い特徴があると言われています。

実際にはそれほど大きな違いはありません。

スーパータダライズ (シアリス + 早漏防止)

スーパータダライズ

3大ED治療薬と呼ばれる中で、最後に登場したのがシアリスです。

勃起効果は他の2つに比べてマイルドですが、自然な勃起力と作用時間が36時間以上という点で高い人気を誇ります。

勃起補助効果が36時間続くのであって、射精後はしっかり治ります。

飲み薬のメリットとデメリット

早漏対策には、飲み薬の他にスプレーやクリームなどもありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

メリット

飲み薬のメリットは、パートナーに薬を飲んでいることを気づかれない点にあります。

スプレーやクリームに比べて感度が落ちづらい点も大きなメリットといえるでしょう。

デメリット

飲み薬のデメリットは、人によっては副作用が気になる点にあります。

症状は一時的なもので、薬の効果がなくなると副作用も低下していきます。

軽い症状は鼻づまりやほてり、顔の赤み程度でアルコールよりも症状は軽いほどです。

個人の相性によっては、めまいや気持ち悪さ、頭痛などが現れる人もいます。

飲み薬の注意点

  • 1日に決められた量を超えて飲まない
  • 初めて飲む場合は、1錠ではなく半分や4分の1にカットして飲む

まとめ

「薬を飲むだけで射精時間アップ」と聞くと、信じられない人がいるかもしれませんが、非常に有効性の高い薬です。

今回紹介した薬は私も体験したことがありますが、すべて効果を感じることができました。

どれを選べばいいか分からない人は、次の項目を参考にしてみてください。

  • 勃起力に不安がない人は、プリリジー
  • 勃起効果も得たい人には、スーパーPフォース

 - 早漏防止の薬 ,